チャンピックス使用でも禁煙失敗する原因

どうしても禁煙ができないという人にとって問題になっているのはタバコに含まれる成分の一つであるニコチンの影響です。
ニコチンは脳内にあるニコチン受容体に作用することによって快感をもたらす物質であるドパミンを放出させる作用があり、タバコを吸うことによって精神的な安定が得られたり、ストレスが軽減されたりする効果をもたらしている物質です。
そういった面だけを見ればニコチンは良い物質なのですが、依存性を生じてしまうというのが問題となります。
タバコを吸ってニコチンを摂取することで精神的な安定が得られるということを覚えてしまうと精神を安定させたいときにタバコを求めるようになってしまうのです。
そういったニコチン依存症が問題になっている際の禁煙に役立つのがチャンピックスであり、多くのニコチン依存症患者がチャンピックスによって禁煙に成功してきています。
しかし、チャンピックスを使用しても禁煙に失敗することもしばしばあります。
チャンピックスを使用している間はタバコがおいしくないと感じるようになるのが一般的です。
これはチャンピックスの作用によってニコチンの効果が減弱されているからであり、タバコを吸っても得られるはずのものが得られないということになるのです。
そのことが身体にしっかりとインプットされるとタバコを吸いたいと思うことがなくなっていきます。
チャンピックスによる治療を終了して、禁煙を達成することができることも多いでしょう。
しかし、そこで試しにタバコを一服してしまうと元に戻ってしまって失敗することになります。
チャンピックスを使用している間は薬の効果でニコチンの効果を得られないものの、治療が終わって薬を使用していないと再びニコチンの効果が得られてしまい、もとの喫煙生活に戻ってしまいがちになるのです。

チャンピックスの成功率

タバコを長年吸い続けると、知らないうちにニコチン依存症になっているので、やめたくてもやめることが出来なくなります。
ニコチンの禁断症状に耐え切れなくなり、またタバコに手が伸びてしまいますから、本気でタバコをやめたいなら、禁煙外来で治療を受けるようにしてください。
禁煙外来に行くと、チャンピックスを処方してもらいますが、12週間継続して飲む薬なので、途中で通院をやめると、ほとんどの人が禁煙に失敗し、また吸うようになります。
ゆえに12週間中に行われる5回の診療には、必ず訪れることが大切です。
禁煙治療を始めてから、1年後の禁煙成功率は通院回数の多さに比例していて、最後の5回目まできちんと通った方の成功率は、およそ5割という高い成功率になっています。
12週間のあいだに、喫煙の欲求がなくなり、自分で勝手に薬をストップさせる方もいますが、お医者さんの同意なしで勝手にやめると、また吸いたくなる可能性が高いので、指示に従って服用するようにしましょう。
ニコチンを摂取すると、ドーパミンという快楽物質が放出されるので、仕事や子育てなどのストレスが減らして、落ち着いた気持ちになることが出来ます。
それを繰り返すと、タバコがなければイライラしてしまうので、自力で禁煙するのは難しくなります。
チャンピックスは脳内にあるニコチン受容体と結合して、喫煙時よりは少ないニコチンを放出するので、薬を飲めば、イライラを抑えられるのが特徴です。
禁煙中につい一服したとしても、タバコのニコチンが脳の受容体と結合しないよう、チャンピックスの成分が阻害するので、あれほどおいしく感じたタバコをまずく感じたり、満足感を与えないようにすることが出来ます。
ニコチンガムやニコチンパッチなどを使うより、自然にタバコをやめられるので、成功率が高いのも当然といえるでしょう。

チャンピックスの最安値

チャンピックスは成分のバレニクリンがニコチン受容体に結びつくことで、タバコへの欲求を抑え、禁煙することで起こるイライラや不安感などの離脱症状を軽減する禁煙補助剤です。
チャンピックス服用中でもタバコを吸うことが可能で、ニコチンを摂取する満足感を抑えることで、徐々にタバコから離れられるとされていて、禁煙を目指す人に人気のある薬ですが、購入しようとすると医薬品であることから、医師の処方が必要となります。
そのためチャンピックスの入手経路は、禁煙外来による治療の過程による処方か、個人輸入代行業者を経由した購入の2つとなります。
毎日服用することになるので、薬代は意外と高額になることも多く、購入するなら安いところでと考えるのは当然と言えるでしょう。
この場合、医師の処方による購入は高額になるのが通例ですが、実は禁煙外来で保険が適用されると、どこよりも安くなります。
禁煙外来では診察代、ニコチン依存症管理費、処方箋料、薬代という内訳で、12週間分の治療代が保険適用によって、自己負担額3割の約20,000円かかります。
この中でチャンピックスの薬代が約13,000円となりますが、1日2錠の服用とされるので1箱28錠入りで2週間分と考えると1箱で2,166円ほどです。
個人輸入によってチャンピックスを購入する際の最安値は、1mgの1箱28錠入りで5,500円前後となっているので、3ヶ月継続使用するとして33,000円となるため、保険が適用された禁煙外来よりも高額になります。
保険適用による禁煙外来は3ヶ月が限度となっているので、保険が適用されなかったり、3ヶ月以上の継続使用が必要な場合は別ですが、禁煙外来による処方がもっとも安く購入できる手段と言えます。

ページトップへ